非モテ男子必見!付き合う前の非モテ行動を把握して、脱非モテ男子を目指そう!

この記事を読むとわかること

女性と付き合う前にやるべきでない非モテ行動がわかる

麦チョコ

今回は女性とお付き合いする前にやってはいけないNG行動について紹介します!

こんにちは、麦チョコです。

当然ですが、皆さんは「非モテコミット」と「フレンドシップ戦略」についてご存知ですか?

なんじゃそりゃ?うまいのか?

なんて思った人もいるかもしれません。

実はこの二つの行動は「女性とお付き合いする前にやってはいけない非モテ行動」なのです。

しかし、これらの行動は恋愛初心者からすると有効な行動に思えてしまうため、勘違いしてこれらの行動をとってしまい、結果的に恋愛に失敗することは良くあります。

何を隠そう、私自身もこの「非モテコミット」と「フレンドシップ戦略」をしてしまったが故に振られてしまった経験が何度もあります。

今回はこれらの「非モテコミット」と「フレンドシップ戦略」について解説します。

「好きな人はできるけど、いい人止まりで終わるなどなかなか恋愛に発展しない…」

という悩みをお持ちの方がいましたら、無意識のうちにこれらの行動をとってしまっている可能性があります。

今回の記事を読むことでこれらのNG行動をしっかりと把握し、実際の恋愛に役立ててみてください。

それでは早速、見ていきましょう!

この記事を書いた人
麦チョコ
麦チョコ

彼女を作るため女性に告白するも8連敗し、20歳後半まで女性経験なしの理系インキャ。失恋をバネにモテるための努力をすることで、クリスマスや誕生日をボッチで過ごすことがなくなる。マッチングアプリ使用歴2年以上。マッチングアプリで3人の女性とお付き合いの経験あり。マッチングアプリで1日で200以上のマッチを達成。

目次

非モテコミットとは

初めに「非モテコミット」について説明します。

非モテコミット

付き合う前にも関わらず、男性が「この女性しかいない」と一人の女性に執着し、必死にアプローチするマインド

非モテコミットの例としては次のような行動が挙げられます。

  • 好きな人からのLINEを待ち遠しく感じ、すぐに返事をしてしまう。
  • 必死にデートの約束や会う約束を取り付けようとする
  • 全て好きな人の都合がいいように合わせる
  • 好きな人をとにかく褒めまくる

上記のような行動は非モテコミットに値します。

さらに、「うまくいかない片想いは自分の行動で判断できる」といった題名で以下に記事をまとめていますが、これらの行動も全て非モテコミットになります。(自分の経験上やってしまった非モテコミットについてまとめているので、非モテコミットの例を確認するため参照してみてください)

https://mugichoko-blog.com/love_check/

では、なぜ非モテコミットをしてしまうとモテなくなってしまうのでしょうか?

女性は以下のような男性を魅力的な男性と感じます。

  • 余裕のある男性
  • 社会的地位の高い男性

非モテコミットをしている状態というのは、どうしてもその女性に振り向いて欲しいというのが表面上に出ている状態であるため、余裕もなければ、その女性からもナメられてしまいます。

つまり非モテコミットをしてしまうことで余裕のない男性と見なされ、さらに自分よりも社会的地位が下と認識されることになるのです。

以上より、非モテコミットをすることで女性が男性に感じる魅力を全て無くしてしまうため、モテなくなります。

重要ポイント

非モテコミットをすることで余裕のない男性と見なされ、社会的地位も低い男性と認識されるため、男性としての魅力がなくなりモテなくなる

私が非モテコミットをしたことで失恋したエピソードについても以下にまとめます。

https://mugichoko-blog.com/lost_love_ep1/

フレンドシップ戦略とは

続いて「フレンドシップ戦略」について説明します。

フレンドシップ戦略

恋愛において「まずはお友達から」という立ち位置を築き、ゆっくりと相手との関係を深めていこうとする戦略のこと

このフレンドシップ戦略の定義を見たときに、

付き合う前は時間をかけて相手を見極めることが大事なんじゃないの?

と感じた方もいるかもしれません。

確かに恋愛ドラマなどでも、何度もデートを繰り返し、時間をかけて関係を構築して最終的に幸せになるという物語などが多いため、このような恋愛が美しいという概念は存在します。

しかし、現実はそうではありません。

その理由は、付き合う前に時間をかけすぎることで、女性の中で「お友達の男性」と認識されて、異性の男性として意識してもらうのが難しくなるからです。

女性の頭の中では、「異性の男性」と「お友達の男性」というフォルダが男性よりも明確に分かれています。

一度、この「お友達の男性」のフォルダに格納されてしまうと、そこから「異性の男性」に昇格するのは非常に難しいです。

よく女性の意見で「いい人ではあるんだけど…」という意見を聞きますが、これがまさに「お友達の男性」フォルダに格納されている状態です←俗に言う、いい人止まりの状態

逆に女性と異性としての関係を持つのであれば、1回目のデートが一番可能性が高いことが多いです。(もちろん相手や関係性にもよりますが、一般的に一回目のデートが一番可能性の高いことは間違いありません)

以上より、フレンドシップ戦略をとってしまうことで、女性の中の「お友達の男性」フォルダに格納されてしまうため、恋愛関係に発展する可能性が低くなります。

重要ポイント

一度、「お友達」と見なされてしまうと、そこから異性として女性に意識してもらうの難しい

私自身がフレンドシップ戦略をしてしまったことで、失恋した経験も以下の記事にまとめます。

https://mugichoko-blog.com/lost_love_ep2/

方程式から見る「非モテコミット」と「フレンドシップ戦略」がNGな理由

恋愛工学において重要な方程式は以下の式で表されています。

モテ(異性との関係を持った数)試行回数 × ヒット率

非モテコミットは一人の女性に執着するマインドであり、フレンドシップ戦略は一人の女性との関係をゆっくりと構築しようとする行動です。

つまりこれらの二つの行動は、試行回数を減らすことに繋がります。

さらに上で説明している通り、これらの二つの行動は、時間はかかるが成功率は限りなく低いため、ヒット率も低下させる要因にもなります。

つまりモテの方程式から判断しても、非モテコミットとフレンドシップ戦略はモテにネガティブな影響を与えることが判断できます。

重要ポイント

非モテコミットとフレンドシップ戦略は、試行回数とヒット率を共に下げるため、方程式の目線からもモテにネガティブな影響を与える

「非モテコミット」と「フレンドシップ戦略」をしないようになるために

非モテコミットとフレンドシップ戦略をとってしまう一番の原因は共通して、一人の女性に対する執着です。

ここでまず、以下のようなマインドにマインドセットしてみましょう。

非モテコミットとフレンドシップ戦略をしなくなるマインド

世の中には素敵な女性はいくらでもいる。
付き合う前なんて、どの女性が自分にとって最高の女性かなんて判断できないのだから、一人に執着しすぎずに、色んな人を見てみよう。
一人の女性を大切にするのは付き合ってからで十分。

上記のマインドにセットできたら、次に行うべき行動は多くの女性と出会うことで、自分に最適なパートナーを探すことです。

このように色んな女性と関わることで、心に余裕も生まれ、一人の女性に執着しなくなってきます

そうすることで非モテコミットやフレンドシップ戦略も取らないようになります。

女性との出会いの機会には、マッチングアプリをオススメします。

現在マッチングアプリは安全に使えるアプリがたくさんありますし、値段もリーズナブルなものが多いため、お手軽に始めることができます

オススメのマッチングアプリについては以下の記事にまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

https://mugichoko-blog.com/matchapp_select/
重要ポイント

マッチングアプリなどで出会いの機会を増やすことで、非モテコミットやフレンドシップ戦略を取らないようになる

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は非モテ行動である「非モテコミット」と「フレンドシップ戦略」について解説させていただきました。

これらの行動は、理論上では恋愛に不適切な行動です。

しかし、世間的に一途な恋愛が美しいとされているがために、恋愛初心者の人が勘違いして、付き合う前に行ってしまいがちな行動でもあります。

付き合ってから一途な恋愛をすることはもちろん素晴らしいことではありますが、付き合う前からこれらの行動をしてしまうと、失敗することが多いため気をつけるようにしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる