「イケメン」と言われたのに失恋!?片想いでの失恋エピソードその1

麦チョコ

今回は私が実際に経験した失恋エピソードを公開し、「なぜ失恋したのか」の分析も行います!

こんにちは、麦チョコです。

みなさんの中に

「失恋したけど、どうして振られてしまったのか理由がわからない…」

という悩みをお持ちの方はいませんでしょうか?

私も過去に失恋をしても、「なぜ振られてしまったのか」理由がわからなかったため、告白するも8連敗するという偉業を成し遂げてしまいました。

しかし、多くの失恋を経験したり恋愛に関する本を読んで知識をつけることで、

「なぜ自分は振られてしまったのか?」

その原因が的確に分析できるようになりました。

当然のことながら失恋した理由を的確に分析できるということは、恋愛におけるNG行動がわかるということなので、次以降の恋愛の成功率を大きく向上させることに繋がります。

今回はそんなノウハウを活かして、自分の過去の失恋エピソードについて分析を行なっていきたいと思います。

私の失恋を分析し、恋愛におけるNG行動を把握することで、みなさんの恋愛に活かしていただけたら幸いです。

それでは、早速見ていきましょう。

この記事を書いた人
麦チョコ
麦チョコ

彼女を作るため女性に告白するも8連敗し、20歳後半まで女性経験なしの理系インキャ。失恋をバネにモテるための努力をすることで、クリスマスや誕生日をボッチで過ごすことがなくなる。マッチングアプリ使用歴2年以上。マッチングアプリで3人の女性とお付き合いの経験あり。マッチングアプリで1日で200以上のマッチを達成。

目次

私が経験した失恋エピソード

初めに自分が経験した失恋エピソードについて各フェーズに分けて、紹介していきたいと思います。

Kさんとの出会い

これは大学に入学したばかりの頃の話です。

高校が同じだった女子友達が自分のクラスに可愛い女性がいるとのことで、その人に会わせてもらうことになりました。

実際に会ってみると、そこには雰囲気が柴咲○ウさんのような綺麗な女性がおり、ほぼ一目惚れをしてしまいました。

名前はKさん。

こちらから初めましての挨拶をした時も気さくな感じがして、より彼女の魅力が引き立っていました。


初めて会った日は周りにも人がいたため、そこまでたくさん話すことはできませんでしたが、なんとかLINEを交換することはできました。

デートに誘うまで

後日、Kさんのことが気になっていた私は、勇気を出して連絡をしてみることにしました。

LINEを送ってみると、意外にも話は盛り上がり1〜2分でお互いに返事を返すペースでLINEをしていたこともありました。

後日、Kさんを紹介してくれた女子友達と話をしていると、Kさんが私のことを「イケメン」と言ってくれていたことが判明しました。

当時チェリーボーイの私からすれば、この言葉だけで嬉しかったですし、淡い期待も抱いていました。

それから私はKさんをデートに誘うことを決心し、再びLINEを送りました。

LINEで少しやり取りをした後、ついに「一緒にご飯を食べに行こう」とお誘いをすることに。

ドキドキしながら返事を待っていると、「行こう!」との返事が。

チェリーボーイ歓喜の瞬間でした。

麦チョコ

「大学生だし、自分にもようやく彼女ができる!!!!!」なんて期待も抱いてしまっていました。

デートはお互いの家から近いということで、みなとみらいでご飯を食べることになりました。

デートの約束が決まってからも、浮かれていた私はちょいちょいKさんとLINEをしていました。

LINEでは、「Kさんのいいところは〜なところだね」みたいなLINEを送るなど、とにかくKさんに対する愛情表現の激しい気持ち悪いLINEを送っていたと思います。(なぜこれでデートに応じてくれたのか今では疑問なくらいです笑)

そんなこんなで、デート当日までもちょいちょい連絡をとりながら、デート当日を迎えることになりました。

デート当日

いよいよ迎えたデート当日。

緊張しながら待っていると、少ししてからKさんと合流。

早速二人でみなとみらいに向かいました。

デート当日はみなとみらいに行くというところまでは決めていたのですが、特にどこでご飯を食べるかやご飯の後にどこに行くかなどは考えていませんでした。

チェリーボーイだった当時はそもそもデートの経験なんてほとんど皆無で、お店なども現地で話し合いながら二人で決めるのが素敵な関係だと考えていたのです。

しかし、現実はそんなに甘いものではなく…

夕飯を食べるお店を決めるのにも相当時間を使ってしまいましたし、夕飯の後に行こうとした場所も定休日でしまっていたりと、かなりグダってしまっていたと思います。

結局その日のデートはどこにでもあるチェーン店で夕飯を食べた後に、みなとみらいの夜景を眺めながら外で話すというものでした。

デート中の会話はというと(Kさんが優しい人だったのもあって)、特に会話が途切れることはなく会話することはできていたと思います。

それでも会話の内容は、自分はこんなにKさんのことを大切に思っているということや自分と付き合うとこんなにいいことがあるみたいなことを暗に伝えるような内容になってしまっていました。

麦チョコ

当初何もわからなかった私は、二人で出かけている時点でお付き合いできると考えていましたし、それだけですでに彼氏になった気で振る舞っていたんだと思います。

そんなこんなでデートも終盤に差し掛かり、ついに告白を決心しました。

勇気を出して「好きです」と告白をしたところ、その返事は「考えさせてほしい」とのこと。

その日はそのまま二人で最寄り駅まで帰り、何もなく解散しました。

告白の結果

デートから三日後、Kさんから

「告白の返事をしたいので会ってほしい」

と連絡がありました。

お互いの家の近くの河原に集合して、いざ告白の結果発表。

結果は…

「お付き合いすることは考えられない」

ということで、儚く散ってしまいました。

しっかりと会って結果を誠実に伝えてくれるなんて、Kさんは本当に素敵な女性だったなと振り返ってみても思います。

こんな素敵な女性を逃してしまった過去の自分を戒めるためにも、次の項からきちんと失恋の分析を行なっていきましょう。

失恋エピソードの分析

ここでは今回の失恋エピソードから、どうして自分は振られてしまったのか原因を分析して、改善行動まで示していきます。

振られた原因 〜非モテコミット〜

今回のエピソードで過去の自分が振られてしまった原因は、非モテコミットが原因です。

非モテコミット

付き合う前にも関わらず、男性が「この女性しかいない」と一人の女性に執着し、必死にアプローチするマインド

非モテコミットについては以下の記事に詳細をまとめています。

https://mugichoko-blog.com/not_mote/

今回のエピソードを振り返ってみると、LINEでKさんに対して露骨に愛情表現をしたり、デート中に彼氏気分でKさんにアピールしたりと、ところどころで非モテコミットをしてしまっていることがわかります。

女性は一般的に男性に比べて、人を好きになるのに時間がかかります

お付き合いをして恋人関係になった後に、一途にその相手だけを愛するということは素敵なことですが、付き合う前に一途に女性に対して執着してしまうと、女性は気持ちにギャップを感じてしまい距離を置いてしまいます。

モテる男性の特徴として、「余裕のある男性」というのはよく聞くことだと思います。

余裕があるからこそ女性に対して非モテコミットをしない、だからモテるのです。

余裕のある男性は非モテコミットをせず、さりげない優しさなどを女性に向けることができるのでモテる

なので非モテコミットは付き合う前はするべきではなく、付き合った後、恋人に向けて非モテコミットをするのが有効です。

以上より、今回の失恋は

付き合えると油断したが故に、浮かれて非モテコミットをしてしまい、それが原因で振られた

ということになります。

改善するための行動

今回は非モテコミットをしてしまったせいで振られてしまいました。

では、どうすれば非モテコミットをせずにもっとKさんとの恋愛をうまく進めることができたのでしょうか?

非モテコミットをしなくなる解決策としては、他の女性と関わる機会を増やすことです。

今回非モテコミットをしてしまった理由は、「Kさんしかいない」と自分の中で感じてしまい、Kさんに執着してしまったためです。

他の女性とも関わる機会があれば、自分の中に余裕も生まれますし、Kさんに対してもそこまで執着しなくなります。

また、色んな女性と関わることで必然的にデートの回数も増えるため、デート中スムーズに女性をエスコートできるようになり、もっと自然にKさんとも向き合うことができたでしょう。

そのような状態でデートに臨むことができれば、Kさんが自分を余裕のある男性と感じて、告白に応じてくれた可能性があると十分考えられます。

重要ポイント

恋愛において一途なことは素晴らしいことだが、それはあくまで付き合ってからの話。付き合う前は複数の女性と関わることで余裕を持ち、非モテコミットをしないようにしよう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は自分の失恋エピソードから、「なぜ自分は振られたのか?」、その理由について分析しました。

実はこの非モテコミットをしてしまって振られてしまうというケースは、恋愛経験が浅い男性によく見られる傾向です。

記事の中でも述べましたが、非モテコミットをしないようにするためには女性との出会いを増やすことが有効です。

最近では、安全に使えるマッチングアプリも多いため、

「女性と出会う機会がなかなかない…」

と悩んでいる方がいましたら、マッチングアプリも選択肢として考えてみることをオススメします。

また、以下に「マッチングアプリで彼女を作る手順」や「安全に使えるマッチングアプリ」についての記事もまとめてますので、マッチングアプリを使ってみたい方は、ぜひ読んでみてください。

https://mugichoko-blog.com/matchapp_process/
https://mugichoko-blog.com/matchapp_select/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる