【恋愛体験談】マッチングアプリ「Tinder」で彼女ができたエピソード

麦チョコ

今回は私がマッチングアプリ「Tinder」を使い、彼女ができたエピソードについてお話しさせてください。

こんにちは、麦チョコです。

今回は私がマッチングアプリを使って、実際に彼女ができたエピソードについてお話ししようと思います。

現在では、マッチングアプリも一般的に世の中に普及してきており、「マッチングアプリで出会うことは当たり前の世の中」になりつつあります。

実際に、私も過去に「Tinder」というマッチングアプリを使って、彼女ができた経験があります。

当時を振り返りながら、「マッチしてからどのような流れで付き合うことになったのか」をエピソードとしてまとめたので、

「マッチングアプリで本当に恋人ができるのか不安…」

という疑問をお持ちの方には、ぜひ読んでもらいたい記事になっています。

それでは、早速見ていきましょう。

この記事を書いた人
麦チョコ
麦チョコ

彼女を作るため女性に告白するも8連敗し、20歳後半まで女性経験なしの理系インキャ。失恋をバネにモテるための努力をすることで、クリスマスや誕生日をボッチで過ごすことがなくなる。マッチングアプリ使用歴2年以上。マッチングアプリで3人の女性とお付き合いの経験あり。マッチングアプリで1日で200以上のマッチを達成。

目次

マッチしてから出会うまで

これは私が大学院2年生(22歳)の秋の話です。

彼女がほしいとは特に思ってはいなかったのですが、相手のいない寂しさからマッチングアプリを始めることにしました。

この時私が使ったマッチングアプリは「Tinder」というマッチングアプリです。

Tinderとは世界最大級のマッチングアプリで、他のマッチングアプリとは違い、男女ともに無料でも使えることが大きなメリットです。(Tinderの詳細についてはこちら

ただ、無料で使えるため、遊びや勧誘が目的で使っているユーザーが多いなど、恋活にはあまり向いていないアプリとも言えます。

麦チョコ

私はこの頃、彼女というよりはライトな関係を望んでいたため、Tinderを使うことにしました。

Tinderを使用していた当時、私はTinderの課金プランを使って「LIKE」を無限に送れるようにし、出てきたプロフィールを全て「LIKE」するといった使い方をしていました。

余談ですが、実際は課金をせずに使っても問題ないですし、女性を選んで「LIKE」する方がマッチするので、そのような使い方をオススメします。

もし、無料で使っていてマッチしないのであれば、Tinder内での課金よりも、他のマッチングアプリを使うことがコスパ的にオススメ

話を戻しまして、私はTinderを2週間ほど使った頃に、Yさんという女性とマッチしました。

出てきた女性を全て「LIKE」するといった使い方をしていたため、マッチするまで相手の女性のお顔がわからないといった状態なのですが笑

マッチの通知が来たときに、美人なギャル系の女性だと感じたのでメッセージをしてみることにしました。

しかし、実際にメッセージをしてみても返事が結構遅かったりと、そこまで手応えはありませんでした。

Tinderなのでおそらく色んなイケメンとマッチして、そっち方々とのメッセージの方が忙しかったのでしょう…(本人に聞いたら実際そうでした笑)

「このままダラダラとメッセージをしていても無駄」と感じた私は、「電話してみたい」とダメもとで打診することにしました。

麦チョコ

打診の結果、今暇だからということですぐに電話することに!「ダメ元でも挑戦してみるもんだな」と感じました!

電話をしてみるとメッセージとは打って変わって、会話が盛り上がりました。

マッチングプリでの今までの出会いについてや過去の恋愛の話、また趣味でK-POPが好きなことも一致していたため、それらについて話し、3時間くらい電話していました。

本来であれば1回目の電話でデートに誘い、あまり時間を空けずに会う方がいいのですが、当時私がどうしても外せない予定が重なったため、実際に会うのは電話の3週間後くらいになりました。

ただ、その3週間の間も毎日LINEで連絡は取っており、電話も5〜6回くらいしていたので、会う前にすでに仲の良い関係は築けているといった状態でした。

マッチしてから会うまでの流れ

メッセージから電話に切り替えることで関係が良好に。

スケジュールが合わなくてなかなか合えなかったが、その間もLINEや電話で関係を構築。

1回目のデート(告白)

Yさんとの1回目のデートはお台場デートでした。

当初は彼女がほしくてTinderを始めたわけではなかったのですが、会う前に何度も電話をして良い人そうだと感じており、Yさんに少しずつ惹かれている自分がいました。

麦チョコ

この時の心境としては、デートも電話みたいに楽めたら告白しようと決めていました。

お台場でのデートのプランは

「ヴィーナスフォート⇨お台場一番街⇨モンスーンカフェ⇨お台場海浜公園」

というデートプランで行きました。

今回使用したデートプランについては以下の記事でまとめてますので、詳細に知りたい方は合わせてチェックして見てください。

https://mugichoko-blog.com/date_spot_odaiba/

私の方が先に集合場所に着いたため、少し待ってYさんと合流しました。

Yさんは写真よりもハーフっぽいギャル系の美人さんであったため、自分のタイプの女性でした。

服装も胸元が少し空いたような服装のためセクシーで刺激的でした…(ラッキー)

そんなこんなで会うのも初めてということもあり初めは緊張もしましたが、電話でかなり話していたので打ち解けるまでに時間はかかりませんでした。

そのため、すぐに電話の時のように会話を楽しめるようになりました。

麦チョコ

電話をしておくと会話の雰囲気などにギャップは感じにくいので、デート前に電話しておくことはやはり良いですね。

集合場所からヴィーナスフォートに向かい、Yさんがアイスが好きとのことだったので、「ピンクベリー」というアイスのお店に行きました。

アイスを食べてヴィーナスフォートの中のお店やゲームセンターをしばらくお散歩した後は、お台場一番街に向かいました。

お台場一番街では、二人とも駄菓子が好きということもあり、「ハイカラ横丁」で二人で駄菓子を買ったりして楽しみました。

駄菓子の買い物中など、デート中にYさんが楽しいと言いながらニコニコしてくれていたのが印象的でした。

ハイカラ横丁で遊んだ後は、夕飯を食べに「モンスーンカフェ」に行きました。

モンスーンカフェでは夜景が近くで見れる席があるのですが、この時はその席が予約できなかったため、L字型で並べる席を予約しました。(L字型の席を予約するメリットについてはこちら

モンスーンカフェではオススメのメニューである「モンスーン肉盛り」を食べながら、お酒を飲んで会話を楽しみました。

夕飯の後は、「お台場海浜公園」でお散歩をし、二人で夜景を見ました。

お台場海浜公園では、夜景を眺めながらデートで行った楽しかったところについてなど、デートについて二人で話しました。

デートについて話していると、Yさんが

「今日のデートがすごく楽しかったから、これからも麦チョコくんといろんなところに行きたい」

と言ってくれました。

その言葉を聞いて私は

「じゃあ、俺たち付き合わない?そしたらもっと色んなところに行けるし。」

と告白をしました。それに対してYさんが、

「うん!」

と答えてくれたので、この日から私とYさんはお付き合いすることになりました。

この日は少し天気が悪く、若干の雨が降っていたので、二人で同じ傘に入り、手を繋ぎながら駅に向かいました。

お付き合いするまでの流れ

電話とのギャップもなく楽しくデートをすることができたので、デートの最後に告白をしてお付き合いをすることに。

Yさんとのその後

Yさんとはその後、半年ほどお付き合いをしました。

一緒にイルミネーションを見に行ったり、お互いの誕生日にサプライズをし合うなど、楽しいデートもたくさんしてきました。

また、料理が得意な人であったため、何気無いお家デートも一緒に料理をするなどして楽しめる女性でした。

価値観のすれ違いや将来性を話し合った結果お別れすることになりましたが、Yさんと過ごした半年間が楽しい思い出であった事は間違いありません。

Yさんが今幸せに過ごしてくれていることを願いつつ、今回のエピソードを締めたいと思います。

マッチングアプリでの出会いについて

お互いの誕生日にサプライズをし合うなど、マッチングアプリで彼女ができて素敵な思い出を作ることができた。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はマッチングアプリ「Tinder」を使って、彼女ができたエピソードについて紹介しました。

Tinderは使ってみた感じ、恋活には向いてないかなと感じたのですが、その他にも恋活に向いていて安全に使うことのできるマッチングアプリはたくさんあるので、

「恋愛はしたいけれど、出会いがない」

という人は、マッチングアプリを選択肢として考えてみることをオススメします。(以下に安全に使えるマッチングアプリについて記事をまとめているので、そちらも合わせて読んでみてください)

https://mugichoko-blog.com/matchapp_select/

また、マッチングアプリでマッチするべきでない女性の特徴など、マッチングアプリを使うときに役立つ情報発信もしているので、合わせて読んでみてください。

https://mugichoko-blog.com/matchapp_dangerous/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる